AWS Direct Connect

目次

AWS Direct Connectとは?

AWS Direct ConnectはAmazon Web Service(AWS)が提供するAWSクラウドサービスソリューションの1つです。このサービスを利用することで、オンプレミスのお客さま環境からAWSクラウドサービスへ専用ネットワーク接続を構築できます。AWSとお客さまのデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境との間にプライベート接続を確立することが可能となり、これにより専用帯域での帯域幅の確保や運用性の向上が実現し、インターネットVPNの接続と比較して、より一貫性の高いサービスを実現できます。また通信速度は最低 50 Mbps で最大 100 Gbps まで拡張できます。AWS Direct Connectを利用する場合、AWS Direct Connectの接続パートナーのサービスを利用して、AWS Direct Connectロケーションへ接続する必要があります。

AWS Direct Connectを選択するメリット

  • セキュリティ
    AWSとお客さま設備間をセキュアに接続することができます。
  • ハイパフォーマンス
    帯域確保されているため高スループット・低遅延の接続性を安定的に利用できます。
  • コスト削減
    インターネットを利用する場合に比べて、データ転送料を低価格に抑えることが期待できます。

AWS Direct Connectへの接続サービス

アット東京では自社データセンター内にAWS Direct Connectロケーションが開設されており、AWS Direct Connectの接続パートナーとして、自社データセンター内のAWS Direct Connect接続口へ光ファイバーケーブルで直接接続し、利便性、柔軟性に優れた高品質なAWSへの接続サービスを提供しています。

そして、東京、大阪で以下のAWS Direct Connectロケーションへの接続サービスを提供しています。

  • 東京
    アット東京中央センターCC1
  • 大阪
    エクイニクスOS1

特に東京では、アット東京の中央センター(CC1)内にAWS Direct Connectロケーションを設置しており、アット東京のAWSへの接続サービスとして、「プレミアムコネクト for AWS」と「ATBeX ServiceLink for AWS」の2つのラインナップを提供しています。それぞれAWSの「AWS Direct Connect 専用接続」「AWS Direct Connect ホスト型接続」のメニューに対応しており、お客さまの利用方法、必要となる帯域に合わせてサービスを選択いただけます。

アット東京データセンター内での直接接続のイメージ(CC1/CC2のみ)

AWS Direct Connectとアット東京サービスの対応表

クラウド接続サービス名称 アット東京対応サービス名称 接続帯域
AWS Direct Connect専用接続 プレミアムコネクト for AWS (東京のCC1/CC2のみ) 1Gbps、10Gbps、100Gbps
AWS Direct Connect ホスト型接続 ATBeX ServiceLink for AWS (東京、大阪で利用可能)

50Mbps、100Mbps、200Mbps、
300Mbps、400Mbps、500Mbps、
1Gbps、2Gbps、5Gbps、10Gbps

プレミアムコネクト for AWS

本サービスでは、アット東京中央センター(CC1)内のAWS Direct Connect接続口へ直接接続する光ファイバー配線を提供いたします。本サービスは「AWS Direct Connect専用接続」のメニューに対応しており、1Gbps以上の広帯域でのAWSとのネットワークリンクが利用可能です。AWS Direct Connect接続口と1:1での接続となるので、冗長構成をご希望の場合は2回線のお申し込みが必要です。

プレミアムコネクトで提供する光ファイバー配線の接続仕様はシングルモード光ファイバー2芯です。お客さまラック側のケーブルのコネクター形状はSCコネクター、LCコネクターから選択できます。

AWS Direct Connectに接続するためには、プレミアムコネクト for AWSの他に、AWS Direct Connectに接続するためのBGP対応ルータの準備が必要です。ルータはお客さまでご準備いただき、お客さまラック内に設置いただくか、別途契約で弊社の「仮想マネージドルータサービス」をご利用いただくことも可能です。本サービスにはAWS側の「AWS Direct Connect ポート料金、データ転送料」は含まれておりません。こちらはお客さまに直接AWS管理コンソールでご契約いただき、AWS側のアカウントに請求されることとなります。

ATBeX ServiceLink for AWS

本サービスでは、アット東京の相互接続プラットフォームATBeXを介して、AWS Direct Connetに接続するための論理回線(L2のネットワークリンク)を提供します。本サービスは「AWS Direct Connectホスト型接続」のメニューに対応しており、50Mbpsの低帯域から広帯域まで柔軟なAWSとのネットワークリンクを利用可能です。

ATBeXをご利用いただくためには、お客さまラックまでATBeX接続回線(物理的なケーブル)を敷設する必要があります。ATBeX接続回線の帯域は1Gまたは10Gから選択でき、配線の接続仕様はシングルモード光ファイバー2芯です。お客さまラック側のケーブルのコネクター形状はSCコネクター、LCコネクターから選択できます。
AWS Direct Connectに接続するには、ATBeX接続回線上で論理回線(ATBeX ServiceLink for AWS)を申し込むことにより、利用可能となります。帯域は50Mbps~10Gbpsまでのメニューに対応しており、お客さまの必要な帯域でご契約が可能です。

ご利用にあたっては、AWS Direct Connectに接続するためのBGP対応ルータの準備が必要です。ルータはお客さまでご準備いただき、お客さまラック内に設置いただくか、別途契約で弊社の「仮想マネージドルータサービス」の用意もございます。本サービスにはAWS側の「AWS Direct Connect ポート料金、データ転送料」は含まれておりません。こちらはお客さまが直接AWS管理コンソールよりご契約いただき、AWS側のアカウントに請求されることとなります。

ATBeXの接続サービスについての詳細は [ATBeXとは] をご覧ください。

参考資料

AWS接続に関するブログ一覧

AWSに関するブログも随時更新しております。ご覧ください。

ブログ一覧