もうひとつのポータルシステム「カスタマーポータル」

2022.03.03

その他

どうも、はじめまして!ふくだせんたーちょーです。


いつもATBeXポータルをご覧いただき、ありがとうございます。

みなさん、ATBeXポータルの「クラウド接続デザインツール」はもうお使いになりましたか?

ATBeXポータル上で、対話式でみなさんのご要件を確認しながら簡単に見積依頼ができるようになっているツールで、とても好評なんです。

実際に見積依頼までしなくても構いませんので、是非一度、お試しください(笑)。



(ATBeXポータルのクラウド接続デザインツール画面)

さて、今日は、ATBeXポータルでの見積依頼後、実際にお申し込みいただくときのお話をしたいと思います。
ATBeXポータルとはまた別の「ポータル」の話です。


もう一つのポータルシステム「カスタマーポータル」

ATBeXポータルで見積依頼をいただき、弊社より提示した見積金額にてご発注後、実際のお申込みには、「アット東京カスタマーポータル」をご利用いただいています。
(将来的には見積提示から注文、申込、請求書発行までワンストップでできるようにしたいと考えています…)

このカスタマーポータルは2015年にリリースしまして、今年で7年目に入りました。ここでは、ATBeXサービスをはじめとしたネットワークサービスの申込だけではなく、アット東京のデータセンターサービスをご利用いただくにあたる、例えば、弊社センターへ入館する際に必要となる「入館申請」や、ハウジングサービス利用時に弊社センターでラック鍵を受取るために必要となる「鍵利用申請」、お客さまの専用スペースやラックまでのケーブル配線を依頼する「構内配線サービス申込」など、40種類以上の申請を行うことができます。

また、カスタマーポータルのHOME画面には「お知らせ(掲示板)」があり、ここでセンター内での設備点検予定や工事日程など、アット東京からのご案内を掲示しています。

また、地震などの広域災害の発生や、弊社センター内で設備障害などがあった場合はアット東京からお客さまへご連絡しますが、その際の連絡先を予め登録しておく「お客様連絡先情報」画面があり、お客さまにて登録及び情報管理を行っていただいています。


(カスタマーポータル ログイン画面)



(カスタマーポータル「ATBeX接続回線申請(新規)」画面)



カスタマーポータルを運営するのは「アジャイル開発センター」

このカスタマーポータルは弊社アジャイル開発センターが運営し、自社開発しています。私はそこの管理者をしています。

アジャイル開発センターはついこの間の2022年2月1日に正式に組織化されました。

2020年までは、カスタマーポータルの企画業務はアット東京が担い、システム開発はシステム開発会社に委託していましたが、改修仕様の調整や見積取得、社内決裁、発注、システム開発会社での開発期間などで時間を要し、お客さまからの要望(フィードバック)をカスタマーポータルに反映するまで、かなりの時間がかかっていました。

この状況を打破するため、お客さまからのフィードバックを速やかに反映できる体制を自社に構築しなければならないと考え、2020年にこの「アジャイル開発センター」構想を開始し、2021年の1年間の仮組織での試運転期間を経て、今年2月より正式な組織としてスタートしました。

開発規模にもよりますが、現在では2週間に1回程度のペースでリリースしています。

まだ、少人数であるため開発能力がまだまだですが、徐々に体制強化を図り、お客さまからのフィードバックを、より迅速に、より柔軟に、より安全に反映できるようつとめていきたいと思います。

さて、いかがだったでしょうか、今回はカスタマーポータルとそれを運営するアジャイル開発センターのお話を簡単にしました。

それでは、また、機会があればお会いましょう!



この記事を書いた人 
ふくだせんたーちょー



同じカテゴリーの記事