ATBeXへのアクセス回線ネットワーク(TOKAIコミュニケーションズ)

2022.07.07

相互接続

ATBeXブログをご覧の皆様、はじめまして。

TOKAIコミュニケーションズの曾田(そだ)と申します。

今回はこの場をお借りしまして、弊社の紹介とアット東京様との取り組みについて紹介いたします。


TOKAIコミュニケーションズについて

弊社は株式会社TOKAIの情報システム部門として発足し、独立してTOKAIコミュニケーションズとなり、

現在はTOKAIホールディングスの一員としてグループの一角を担っています。

法人向けサービスは、以下のふたつを併せ持つ、珍しい会社です。


  1.   SIerとしてのシステムインテグレーション事業
  2.  通信事業者として自社で光ファイバ網を敷設・所有して回線サービスを提供するキャリア事業・ネットワークインテグレーション事業

(ちなみに、前身の会社では家庭用テレビゲームソフトも作っていました)。

今回は回線サービスについてざっくりと紹介いたします。

弊社は北関東~岡山・香川まで自社で敷設した光ファイバを所有しており、それ以外の地域へも他の通信事業者と協業することで、日本全国へ拠点間通信、クラウド接続、インターネット回線などの回線サービスを提供しております。

さらには海外通信事業者との協業により、海外拠点~日本国内拠点の回線サービスも提供可能です。

アット東京様のCC1には弊社回線サービスのノード設備を設置しており、CC1でも多数の回線サービスを提供中です。また、CC1以外のアット東京様DCでも、アット東京様と連携して多数の回線サービスを提案・提供しております。

弊社の回線をご利用いただいてATBeXに接続いただくことも、もちろん可能です。お客様拠点~アット東京様DCの回線のみだけでなく、アット東京様DC内にラックが無くても、お客様拠点~ATBeX接続の回線をご提供することが可能です。ぜひお問い合せください。

弊社回線サービスの強みは主に以下の2点です。

1.広帯域の回線に強い

帯域確保回線の提供を主としています。ベストエフォート型やバースト型の回線で物足りなくなったときに、ぜひご検討ください。

2.クラウド接続に強い

クラウド接続についてはCC1でも提供を行っており、特にAWSについては、回線も含めたAWSのネットワーク周りでの実績を認められ、

AWSからネットワークコンピテンシーの認定をいただいています。

この認定を取得しているのは、2022年5月現在、日本国内の通信事業者で弊社のみです。



クラウド接続で、以下のようなお困りごとがないでしょうか。

  •  クラウド接続でのセキュリティ上の不安がある

  •  ベストエフォート回線では帯域不足を感じる


そのご不安は、弊社の回線サービスで解消できます。


自社所有の中継網を使い、お客様ネットワークとAWSとの間で、AWSの閉域網接続サービスである「AWS Direct Connect」を用いて、高品質な閉域網接続により、セキュアなサービスを実現します。

弊社帯域確保型の回線では、お客様が選択された通信速度の帯域を中継網内で確保するため、安定した通信を実現します。


弊社のWebサイトでは導入事例も公開していますので、ぜひご覧ください。



また弊社の特長として、法人営業本部内にプリセールスのエンジニアを多数抱えており、お客様からのお問い合せにきめ細やかに対応できる体制を整えています。

ネットワーク周りに不安がある、構成が複雑で実現可能かわからない、回線とSIをセットで提案してほしいなど、ぜひ弊社にご相談ください。

弊社回線サービスにご興味を持っていただけた方は、アット東京様へお問い合わせいただくか、以下の弊社問い合わせ先へお気軽にご連絡ください。

お問い合せの際、「ATBeXブログを見て問い合わせています」とお伝えいただければ幸いです。




大まかではございますが、次の機会にもう少し詳しい説明をさせていただければと思います。



この記事を書いた人 曾田

同じカテゴリーの記事